同友会ニュース−企業訪問

信頼関係に基づく共栄共存のパートナーシップ((有)アート工業 取締役 吉田祐史)

ユーターン

 父親である康男社長が平成3年に(有)アート工業を設立していましたが、吉田さんは会社員として別の道を歩んでいました。が、父親の年齢を意識したときに戻ることを決めました。必然の流れだと理解し、大きな迷いもなく親の経営する会社に入社しました。

きっかけ

   突然舞い戻った社長の息子、という立ち位置は決して居心地の良いものではありませんでした。それを理解してか、父親の仕事仲間でもある同友会の会員さんから、講演会や例会に参加して学ぶようにと入会を勧められたのです。
 「なぜ、その会員さんは社長ではなく吉田さんを誘い、また社長は理解を示して下さったのですか」。そんな質問に、吉田さんは頷きました。自分とは違う経営を学んでほしい。社長の言外の思いが受け取れたとのことでした。父親と息子という絆に、それを応援してくれる友人に対する父親の信頼。三者の関係に裏打ちされた入会だったのです。
 その後、さくら地区会の月例会で、ある会員さんの報告を聞き、経営理念や経営指針が絶対に必要なものだと気づきます。また、例会後の懇親会で「経営指針は社長の浪漫(ロマン)だ」という言葉と熱い思いに触れたことが、経営指針セミナーへの参加を強く後押ししました。

伝わらない

   経営理念は全社員で作り上げたい、という思いの前に立ちふさがったのは、社員さんと対話をするという課題です。社員さんにとって経営者の吉田さんは「向こう側」の人であり、入社以来ほとんどの言葉は一方通行のままでした。
 また、シロアリや害虫の駆除という仕事柄、吉田さんを含め全員が終日そちこちの現場に散っています。事務所に戻っても、皆、帰り支度を急くばかりです。顔を合わせ一緒にいる時間は、ほとんどありません。さらに職人気質の社員さんにとっては、仕事を仕上げる、その結果が全てだという以前からの強い思いもあるようです。それらの壁に阻まれながらも、伝わらない思いを伝えようと努力する日々が続きました。

共感

   現場まで移動する車中でも、語り掛けました。徐々に社員さんからも、前向きな発言が聞けるようになりました。少しづつ歩み寄ることができるようになっていきました。
 経営者と社員さんが同じ理念をもつことが、良い仕事につながる。その考えに、仕事にプライドをもった社員さんの共感が生まれてきたのでしょう。そして経営理念が言葉になり、経営指針はカタチになっていきました。

明日へ

   社員さんたちとの対話を心がける一方で、専門知識や新たな技術の習得にも努力してきました。近年、建物の衛生設備や環境は改善されていますが、建設中に対策をしているからだそうです。ただし、永続的に維持するためにはメンテナンスが欠かせないことなど、分かりやすく説明することが求められます。
 また、気候の変動や外来種の増加、建築材料の多様化もあれば、利用者さんのアレルギー対策等々、殺虫剤を選ぶにも様々な条件があります。その情報を詳しく収集し、お客様にとって最良の方法を提案することが、事業の差別化にもなっています。最近では、非破壊検査用の機器を導入し、建物の外部からでもシロアリ被害を見つけられるようにしました。それにより作業の効率化、迅速化が進んでいます。
 さらに機器類の開発が必要であると考え、異業種でプロジェクトチームを組み挑戦を始めているそうです。環境の変化や科学の進化に対応し、経営も変化させなければなりません。そのためには、理念も指針もブラッシュアップをし続けます、という力強い吉田さんの言葉で取材を終えました。
 昨年の東日本大震災の時には、ボランティアで被災地に駆けつけたという吉田さんの作業衣の胸には「がんばろう日本」のワッペンがその存在を主張していました。

経営理念

シロアリや不快害虫の防除・建物美装工事を通じてお客様の大事な家を守るお手伝いをし、生涯安心して暮らせる、住みよい環境を提供します。
1.地域密着の「ハウスクリニック」を目指します。
お客様の大事な住まいを①安心②安全③住みよい環境の維持管理を提供し、地域社会に貢献いたします。
2.お客様の立場になり、職人としての誠実施工を実施します。常にプロの知識と技術の高みを目指し、最新の機械や器具を活用し、お客様に最高の満足を得る誠実サービスを実施します。
3.企業活動を通し、会社、社員、社会の発展を目指します。お客様、従業員とその家族、取引先、仕入先は会社の宝です。共に助け合い、共に栄える協力関係のパートナーシップの精神を常に意識し、一人が皆の為、皆が一人の為に信頼関係を築き、自覚・誇り・やりがいを持てる会社を目指します。

企業概要

(有)アート工業(さくら地区会)
深谷市東方3293-1
TEL:048-533-8795
FAX:048-533-8796
http://www.art-kougyou.co.jp/

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について