同友会ニュース−お知らせ

川越地区会の誕生『川越地域での同友会の活性化と自社の活性化を進めよう!!』

新地区会誕生!

  5月29日、川越東武ホテルにて川越地区会設立総会が開催され、川越地区会が発足しました。川越地区会は、実に13年ぶりに誕生した埼玉同友会14番目の地区会で、県西部に位置する歴史と文化の町川越市を中心に鶴ヶ島市、吉見町、川島町を中核とした地区会です。当日は、来賓・ゲストに加え県内13地区より会員がお祝いにかけつけ120名を超える参加となりました。
 川越地区会準備会は、8名の発起人で一昨年の12月にスタートしました。1年と6ヵ月にわたり、40回以上の準備会とミニ例会を開催し延べ100時間以上の時間を費やして、ていねいにていねいに準備をつみ重ねてきました。その結果、目標だった60名の会員数を超え、63名で総会当日を迎えることができました。

第1部:総会

   第一部の総会では、荷田光雄地区会長など26名の幹事が選出され、活動方針と予算が承認されました。荷田光雄川越地区会長は、40歳台が中心の若い会員と幹事が一丸となって川越地区会を盛り上げ、川越地区をになう経営者としての認識を高めていきたいとあいさつ。つづいて、海沼春男代表理事より、川越地区会の勢いが埼玉同友会全体を盛り上げ3年ぶりに会勢が前年を上回りました、さらに存在感のある川越地区会をめざして頑張っていただきたいとお祝いのあいさつがありました。また、上田清知事より「県西部地域のリード役となり、地域経済を活性化して川越地区からイノベーションを起こして欲しい」とメッセージが贈られました。
ひきつづいて、荷田光雄地区会長より44名の新入会員にバッジ贈呈がとり行われました。

第2部:記念講演

   続いて行われた第二部の設立記念講演では、中同協の広浜泰久幹事長が「企業を育て、人を育て、川越地域を担う地区会づくりをめざして」と題して講演。その中で、人を生かす経営に至った経緯や経営指針に基づく経営を追求して実践していること、そして全国的に同友会運動が地域から注目されており、企業づくり・同友会づくり・地域づくりに主体性を持って取り組んでいることが報告されました。

第3部:懇親会

  第三部の懇親会には、来賓として川合善明川越市長、大久保敏三川越商工会議所会頭、地域金融機関が出席。あいさつをした川合市長より川越市を一緒に盛り上げていきたいとの熱いエールがありました。アトラクションでは大宮南地区会員で歌手の千花有黄氏の歌で盛り上がり懇親と絆を深めました。

【川越地区会長挨拶】

  川越地区会設立総会開催に際しましては、川越市長、川越商工会議所会頭をはじめとしたご来賓の皆様、ご講演を頂いた広浜中同協幹事長、そして県内13地区会から多くの会員の皆様にご臨席を頂き、盛会のうちに終了することができました。皆様に祝されて、晴れて埼玉中小企業家同友会の14番目の地区会として川越地区会が正式に設立することができました。設立に際して多くの皆様のお力添えを賜りましたことをあらためて深く御礼を申し上げます。
2012年度川越地区会は、「川越地域での同友会の活性化と自社の活性化を進めよう!!」を活動スローガンに、経営の悩みを本音で語り合い学ぶ場としての地区会の使命を果たすべく、会員の経営体験に基づいた例会の開催を着実に積み重ねてまいります。
中期目標として企業づくり(5年後「100社黒字企業」を目指す)と組織づくり(3年後に川越周辺企業数5200社の2%である100社会員を目指す)に取り組み、川越地域に同友会の理念を広げ、企業と人を育て地域を担うことが出来る地区会づくりを目指してまいります。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について