同友会ニュース−活動報告

2014年度中部地区総会(14.05.21)

2014年度方針「経営者の幸せの種は同友会にある。幸せの種を地域にまこう!

中部地区は第28回総会を鬼怒川温泉で開催しました。
第1部は、すべての議案が全会一致で可決。石塚前会長から岡部新会長へとバトンが引き継がれ「経営者の幸せの種は同友会にある。幸せの種を地域にまこう!~種の土壌づくりは地区会活動で」をスローガンに新体制がスタートしました。
 

地域活性の取り組みを熱く語る

第2部は「地域活性・旅館活性への道」と題して会場の「鬼怒川グランドホテル夢の季」代表取締役であり訪日旅行推進事業ビジットジャパン大使でもある波木恵美氏より、広告業界で働かれた経験。はじめて旅館業に携わったときの経験。お父様と方針が合わず中国で文化事業を興した経験。地元銀行の破綻も絡み地域が疲弊した状況を交えながら、いかに地域一丸となってインバウンド(海外からの旅行者への接客企画)に取り組んでいったかのお話をいただきました。
 

団結を深め新体制スタート

温泉に浸かった後は第3部の懇親会で乾杯。その後も各部屋で熱い論議がわされ、鬼怒川温泉の夜は更けていきました。
 

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について