同友会ニュース−活動報告

後継者の等身大の課題と挑戦!~先代の想いと私の想いをつなぐこだわり~【西部地区例会】

  鴇田氏は、先代の現会長(実父)から「自分の考える(好きなような)会社にしていい」と言われ、会社を受け継いだそうです。それから約1年半の課題と挑戦、事業を永続するためのこだわりについて報告頂きました。事業永続の要素は資金の問題、人の問題など様々です。
鴇田氏は、今までの若手の定着率の低さ、年齢給による人件費の増大への改革として、入社後10年での独立を条件にした若手の積極採用へ大きく転換し、社員の育成と環境づくりに挑戦を続けています。現在は若手社員の定着率も徐々に高まっているそうです。
将来のご自身の夢を社員にオープンにし、会社をしっかりと引っ張っていく強い姿勢、また理念の1つでもある「自己実現のため仕事も遊びも一生懸命」を自ら実践されている姿が大変印象的でした。グループ討論のテーマは「事業におけるこだわりは何か?実現するための取り組みは?」。
業種、規模にかかわりなく経営者に共通のテーマであり、大いに盛り上がりました。
(南 栄一記)

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について