同友会ニュース−活動報告

自身の成長とともに社員の成長を(14.10.15)

  むさし野地区10月例会は、むさし野地区会にて毎月行っている地区会員企業訪問をそのまま例会にした形で、川越地区会の虎屋商事・高柳社長へお話しを聞きに伺いました。

   高柳社長は就任後、数々の困難を乗り越え社員教育に取り組んできました。会社の成長の為には社員一人ひとりの意識が大切であると考え、まずは営業マンにメーカーの工場見学をし、工場で働く方々の苦労を実感してもらうようにしました。すると、社員が「何のために」働くのかという意識に変化が生まれました。

  また、朝礼もユニークです。毎年テーマを設定し、社員一人ひとりが進捗状況等を報告しそれに対し社員が自らの意見を述べる場を設けています。ユニークなのは、回答者をおみくじ方式(社員の名前が書かれた棒を引く)で決めることである。そうすることで、一人ひとりが自ら考え積極的に話を聞くようになったそうです。今年のテーマは「すぐやる、自らやる、考えてやる」です。挨拶も整理整頓もトイレ掃除も、社長自ら行うこととしています。
 目指すところは、ズバ抜けた提案力をもって「夢のあるお菓子」を消費者の皆様へお届けし、お客様の役に立つこと。自社の強みはつまり、社員の成長にかかっている。
社員の自主性を促す取り組みを学ばせて頂く大変貴重な時間でした。

企業訪問終了後は、川越地区会員の篭屋さんにて懇親会。
川越地区会メンバーも参加頂き、地区を越えて大いに交流が深まった懇親会となりました。  

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について