同友会ニュース−企業訪問

自慢の技術と同友会での学びで理念と実践を両立(ライフアップ住設(株) 代表取締役 井上敏郁)

現場力は一流なのに、経営できない経営者のもとで

   この道20年以上、水道業界にしっかり根を張っている井上社長ですが、「経営者にはなりたくなかった」のだそうです。子供の頃から和菓子店を経営する両親の苦労を見てきましたし、最初に就職した水道工事店の会社は放漫経営を絵に描いたような状況でした。仕事はあるのに、会社に入金があると直ぐにお金を使ってしまう当時の経営者。借金に借金を重ねていくうちに経営が傾き続けていきました。計画があればもっとうまく廻っていくはずなのに…。
 倒産目前に退職し、地元の清掃会社に再就職。ちょうど新規水道工事部門の立ち上げの時期で、蓄えていた知識が陽の目を見ることになりました。
 あちこちの現場を飛び回る忙しい仕事ですが、故障が直ればお客さんには喜んでもらえます。基本的に争いごとは避けて通りたい性格ですし、そんな時間があれば現場で工夫をしていたい。
 毎年役職が上がり、昇給。10年が過ぎる頃、工事部門を法人化することになり井上さんは、代表取締役に就任する運びとなりました。
 順調に売り上げ実績を重ね7期連続黒字決算を達成したにもかかわらず8期目の途中、臨時株主総会で突然の辞任勧告、2週間後には会社を去ることになりました。

理念・方針・計画

 仕事も技術もある会社との別れを2度経験しました。平成23年10月に、生活の質を向上させる・働く人が将来を見通すことが出来る会社を創ろうと決意し、「ライフアップ住設」を創業しました。
 冷静に自己分析をして、会社の利益計画については、専門家のアドバイスをもらおうと商工会の創業塾と埼玉県のイノベーションスクールに通いました。現在、会社に掲げてある経営理念は、同友会の経営指針成文化セミナーで創りあげたもので、「そう簡単には揺るがない」信念が注ぎ込まれているものだそうです。
 平成25年10月の法人化を済ませ、パートさんを含め3名体制になった時に、「経営指針発表会」を開催しました。内容をすべて理解してもらえたわけではないかもしれませんが、会社に夢がある・未来があることを感じてもらえたようです。  

▲経営指針づくりセミナーのグループメンバーと(左から3人目が井上氏)

会社の未来・働く人の未来を見通すために

   井上社長が、達成度の目安としているのが、「お客様の満足度」。水道が直ればいいのではなく、故障の原因と予防をきちんと伝えることが大切だと考えています。気持ちのいい挨拶・現場を離れる時の清掃などは、基本ですが、これらを自然に行うためには、会社の風土がそうなっていなければ出来ないことでしょう。放漫経営者の元で苦労した経験は、反面教師として生きています。
 社員を募集するときには、必ず家族(奥さん)とも面談を行っています。出会いは、偶然ですが、働く環境を育てていくのは働く人とその家族だからだそうです。
 会社の夢を実現する為に、社員が歯車になってしまったり、犠牲になってしまったりしないように社員に人生設計を持ってもらうことが必要だと考えています。定期的な個人面談で希望を聞き、夢を実現させる為に言葉で発してもらっています。なかなか個人の夢を聞くことは難しいですが、そんな時に役立つのが「経営指針」なのだそうです。
 「会社に夢がある」「経営者にも夢がある」あなたは、自分の人生をどうしたいのかと。
 計画を前倒しで達成している会社には、はっきりとした理由がありました。ライフアップ住設㈱さんを訪問して、「気構えない、日常の中にある経営指針の威力」に驚かされた会社訪問となりました。
 「作って満足ではなく、作ってからが本番」指針セミナーで沢山の人に言われたことが、思い起こされた会社訪問となりました。

経営理念

ライフラインの1 つである水環境整備事業を通じて
地元の皆様が安心・安全に生活できる社会づくりを致
します。
1. 地元で顧客満足度ナンバー1の水道工事店を目指
します。
2. 常に高水準の技術をお客様に提供致します。
3. 社員が幸せになる会社づくりを致します。

企業概要

井上 敏郁
ライフアップ住設(株) 代表取締役
埼玉県ふじみ野市西鶴ヶ岡2-1-2
TEL:049-262-4454
FAX:049-270-3765
URL http://www.lifeup-jyusetu.com/

業務内容:給排水設備工事、修理、水まわりのメンテナンス、浄化槽修理設置

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について