同友会ニュース−活動報告

雇用による業務拡大と社員定着化の経営奮闘記!【大宮東例会】(15.01.20)

挫折から社労士開業

   平成27年初めての大宮東地区例会は、大宮南地区会のすみえ社会保険労務士事務所の宇梶純江氏にご報告いただきました。大企業の人事部で活躍していた宇梶氏が大企業間での合併に伴う人事整理によりリストラの対象に…。人生の挫折を味わいます。社労士開業の道を選んだ宇梶氏は開業後間もなく女性経営者クラブファムと出会い、同友会入会。そして企業理念を学ぶ経営指針セミナー受講。これらが彼女の運命を大きく変え、個人プレイの多い士業からいち早く人を雇い、経営組織づくりへと一歩踏み出させてくれました。

自分と重ね合わせ考える

 報告では社員を雇用したことによる苦労や気づき、今後の課題など様々なことをお話しいただき、日々の業務のルーチンワーク化、情報の共有化、営業の許認可要件の確保等、見落としていた自分の課題に気づくことができました。特に参加者の中で、個人プレイの方、また社員を雇い始めて間もない方には、自分自身に重ね合わせて考える学びの場となりました。
(安形 智昭 記)  

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について