同友会ニュース−活動報告

汗と涙と苦悩の結晶=経営指針発表会~自社の更なる発展のために~【中部地区会】(15.01.28)

自分の立ち位置を明確に

【報告者】
 池田豊子 氏 (株)ミヤマビジネス 代表取締役
 金子房雄 氏 金子商事(株)  代表取締役
 満生 剛 氏 (有)ぐっとリフォーム 代表取締役
 牧野次成 氏 ユニオントレーディング(株) 代表取締役


 今回は、経営指針セミナー参加者の3名の方々に汗と涙と苦悩の実例報告を頂きました。3者の経営理念の発表と、経営指針セミナーへの参加決断から実際のセミナー受講・修了までの葛藤を本音で聞くことができました。経営者自身の強い意志で思いを言葉に表すことで自社の弱点が分かり、社員と本音でぶつかり合う中で、人を生かす経営に向き合うキッカケが生まれ、自分自身の立ち位置が分かりどこへ向かうかが分かった!など、現在も奮闘進行中というお話の中で、受講中幾度となく難問課題に直面し時間に追われてしまう状況下において、参加している仲間やスタッフの率直な意見によって心が癒され奮起できた事が、修了できた大きな要因だったと熱く語られました。  

   

 

会社の未来のために指針づくりを!

その後、経営委員会委員長の牧野氏からは、社長の学校の良いところ、経営者の役割とは、会社をどの方向に向けるか!どのような考えで経営をするか!など、経営指針(経営理念)の大切さを分かり易い言葉で頂きました。企業の将来の繁栄を考えれば、半年余りのセミナー受講期間は、何物にも代えがたい時間になりますという言葉が非常に重く感じました。グループ討論のまとめでは、今年の経営指針セミナー参加表明をされた方もでて、とても有意義な本例会でした。
(武藤 誠一 記)  

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について