同友会ニュース−企業訪問

「経営指針セミナーとは自分自身が変わる場所」((有)ヒグチ 代表取締役 樋口一夫)

人事労務に無関心だった過去

   平成19年に代表取締役へ就任した樋口氏。心に期すものを抱いて引き継いだわけではなく、「社長になったのだから大きな利益を出してたくさん役員報酬をもらうぞ!」という、まず自分第一の考えで日々の業務をこなしていました。
 社内の人事や労務管理に関しても特に意識することもなく、福利厚生の制度も必要だとは感じていませんでした。一部の社員さんから就業規則の件で疑問を投げかけられたときも、自身で何か考え改善するのではなく、コンサルタントに依頼して問題解決を図っていたそうです。閲覧

何のために経営しているの?

   そんなある時、取引先である金子商事㈱の金子房雄社長(中部地区会)から「何のために経営しているの?」と唐突に質問されました。前述の通り「大きな利益を出してたくさん役員報酬をもらう」ために経営していた樋口氏は答えに窮します。初めて「経営とは?」という疑問に突き当
たった瞬間でした。そこで金子氏から紹介された同友会へ入会しました。
 周囲から「同友会へ入ったからには経営指針セミナー受けなきゃ」と勧められ、入会初年度で何も分からないままに経営指針セミナーを受講します。
 これが氏にとっては苦難の連続だったそうです。セミナーでは、今まで考えたこともないテーマについて考えなくてはならず、さらにそれを言葉にしなければなりません。最初の頃は決して自分で考えたとは言い難いよそ行きのキレイな言葉を並べるので精一杯でした。
 しかし周囲の助けもあり肩の力を抜いてリラックスして取り組むことができるようになってから、飾りのない言葉が、自分自身の内から湧き出てくるようになりました。そしてこの自身の内面を見る作業を通じて、それまで直視しないで過ごしてきた社内での出来事を、実は他人任せにせず解決できる方法を潜在的に求めていた自分に気づきました。それが本格的にスイッチが入った瞬間でした。

社員を想うこと

  「経営指針とは何ですか?」との問いに「社員を想うこと」と氏は答えました。そして経営指針セミナーは「何かを作るセミナーではない。自分自身が変わる場所だ」と言います。
 以前は、「一生懸命働いても社員を食わせてやっているだけで、会社の経営って損だな」と思っていた樋口氏。
IT系の個人事業でキャリアを積み成功してきただけにそう感じたのかもしれません。そんな氏が考え方をここまで変えてしまう、経営指針セミナーとは正にそういう場所なのではないでしょうか。

社の内外で「人」を大事に

   今回の取材を通して大変感銘を受けた樋口氏の考え方をご紹介いたします。
 まずは社員さんの給料についてです。以前は、まず売上が上がったら給料を上げるという至
極当たり前のルールだったそうです。それを今は、給料を先に上げて、その分頑張っていただき、その結果売上増につなげるという仕組みに変えたそうです。給料を上げて「期待しているよ!!」と具体的な意思表示をすることで、社員さんもモチベーションが高くなり、会社の業績向上にもつながっているということでした。
 二つ目は、取引先に対してです。樋口氏は「顧客=企業」ではなく「顧客=企業担当者」と定義しています。もちろん経営者同士のつながり、つきあいも大事にしていますが、会社をとりまく全ての方、特に直接現場に関わる方の評判を大事にしていくという意識こそが、氏の仕事への姿勢そのものではないでしょうか。企業は人なり。それは自社も他社も同じです。正に、経営理念にもありますように「共に成長できる関係を構築します」を実践されているのだなと感じました。
 工具などがきれいに整頓された工場、明るく挨拶してくれる社員さんたち。いまひとつはっきりしない梅雨空の下でしたが、すがすがしい気持ちで取材を終えました。

企業概要

有限会社 ヒグチ
埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲1238
電話 0480-85-0723 
URL http://www.higuchi-net.co.jp/

経営理念

・私たちは高品質で環境に優しい塗装を提供し、美しい未来を創造する企業として社会に貢献します。
・私たちは常に顧客の立場にたって物事を考え、高い技術を追求し共に成長できる関係を構築します。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について