同友会ニュース−企業訪問

地域と“つながる”地域を“見守る”葬儀会社(セレモニーサロン(株) 代表取締役 清水真理)

突然の社長業

   2000年、バス会社経営の経験を持つ清水氏の父が、近郊に葬儀場ができることをきっかけに、会社を設立。ところが盆暮れ正月も関係ない葬儀の仕事の大変さ等、当初のもくろみ違いから経営に嫌気がさし、半年足らずで娘の真理氏へと任される予期せぬ展開となりました。清水氏は当時30歳で結婚したばかり、しかも経歴は事務職経験のみと、あまりにも電撃的な、無謀とも思えるバトンタッチでした。
 「当時はご遺体を見ては、うわ~と驚いてしまうような有り様。仕事の都合上、昼夜を問わず訪れる急な打ち合わせに振り回されながら過ぎていく怒涛のような毎日でした」。
 しかしながら受注は順調に増え、車庫の建設や霊柩車5台を揃えるために借入した返済も終わる頃、妊娠。喜んだのも束の間、仕事の激務に切迫流産で緊急入院の事態に陥りました。本意ではなかったものの、そのことがきっかけで一時仕事を休むことを決断しました。
 「子供が1歳過ぎた頃、仕事を再開しましたが、長く休んでいたにも関わらず、自分の復帰を待っていただいたお客様への感謝の気持ちで、自分が必要とされている場所がここにあることを再確認することになりましたね。24時間対応の仕事と子育ての両立は大変でしたけど。夫の理解が不可欠と感じ、仕事現場に連れて行ったこともあります。度重なる遅い帰宅に不満気味だった夫ですが、初めて目にする現場で社員から『奥さんがやっているこの仕事は本当に大変で重要な仕事なのですよ』と言われ、それから少しずつ家事にも協力して、サポートしてくれるようになりました」。

同友会との出会い

   子供が小学生になり手がかからなくなり、これから益々仕事に集中しようと考えていた矢先、業界に新たな流れが起こります。
 現在は主流となっている身内だけの家族葬や式をしない火葬式のお葬式が目立ち始めます。これにより単価が下がり、それまで好調だった業績も悪化し始めました。そのような時に、知人の紹介で同友会と出会いました。毎月毎月、お給料払うのに精一杯、スタッフとのコミュニケーションもうまく取れず、行き詰った状況の中、清水氏は改めて経営を一から勉強したいと決意し入会しました。
 入会後は積極的に例会に参加、元々何事も前向きに捉え取り組んでいく性格の清水氏は幹事としても精力的に活動します。

苦労した経営理念作成

 そして清水氏は同友会の仲間からの勧めで2013年に経営指針セミナーを受講することになります。そこで初めて経営理念、経営計画書という言葉と出会います。当時を振り返り「セミナーをきっかけに本気で経営者として経営を学び、考える機会を得ました。また、同じような悩みを抱える経営者の方に出会うことで初心に戻り、これから先もセレモニーサロンを続けていくために今までの経営についても反省し学びを実践して行こうと決意しました」と語ります。
 経営理念を作成する上でいくつかの思いがあったそうです。それは『数ある葬儀社の中でお客様が選ぶポイントにしてもらうこと』『スタッフに自分の思いを伝えること』『自分も経営するにあたり、心が揺らがずに進めるような言葉』この3点に重点を置き作成したそうです。
 経営理念作成後、一番驚いたことはスタッフの意識の変化だと言います。それまで、顧客からの要望に「できません」と即答していたような場面でも、とりあえず持ち帰り検討するようになったそうです。「お客様の最後の要望はなるべくかなえてあげよう、という理念が伝わってきたのかなとうれしく感じますね」。  

      ▲経営指針づくりセミナー終了式での清水氏。
       右は?橋正哲経営委員長(当時)

今後のセレモニーサロン

 将来的には、お客様がくつろげる場所として現在のオフィスのあるビルの一角にコミュニティスペースを作りたいと清水氏は語ります。これは会社で独自に行っている高齢者向けの声がけサービス『見守り隊』を通じて感じたそうです。社会問題であるこれから迎える超高齢化社会に向けて、ひとり一人の繋がりを大事に思う清水氏だからこその夢。我々も避けては通れないこの問題に誠実で気さくな人柄と行動力でどう実現できるかを大いに期待したいです。  

       ▲心を込めて別れの場面をサポート

経営理念

・「人生の出会いと別れ、思いやりの心を大切にお手伝いいたします」
・お客様の立場になり、願い希望を叶えます。
・適正価格での鮮度の良いこだわりの生花アレンジ・もらってうれしい ギフト・美味しいお料理を提供いたします。
・スタッフ一同、連携を図り、自己を高める努力をいたします。

企業概要

セレモニーサロン株式会社
代表取締役 清水真理
埼玉県川越市菅原町19-1 伊勢原六番館3F
TEL:049-226-1411
http://www.hananona.com/

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について