同友会ニュース−企業訪問

 『安全とコンプライアンスを最優先します』(螢吋ぁΕ廛蹈瀬ション 代表取締役 亀山章)

好調なスタートが給料明細で一転

   専門学校卒業後に親のコネを頼って大手デパートの店舗装飾の会社に就職しましたが、3年ほど経過したある時、10年先輩の給料が自分と2万円しか違わないことを知りショックを受けました。面談で社長に「会社に対して夢が持てない」とぶつけても回答がない。回答を迫ると大激怒されてしま
いました。このとき、この会社にはいられないと思いました。

経営をしない経営者

 次の会社に就職するも、共に経営してきた常務よりも社長の息子を優先する典型的な同族経営でした。そのことに失望して退職した常務が立ち上げた会社に、創業時から会社に関わることになりました。けれどもこの常務も、「社長」には就いたものの、「経営者」にはなれませんでした。営業力に長けていたものの、経営についてはまったく人任せで、融通手形を振り出した先が倒産、架空の手形が現実のものとなってしまいました。「専務と経理が勝手にやったこと」と発言し、挙句の果てに「社員に給料を払いすぎた」と。愕然としました。思わず「お世話になりました」の言葉がついて出たのです。
 39歳で就職口はないだろうし、失業保険もたっぷり出るからしばらく休もうか?と思ったりしましたが、友人たちが休ませてはくれず、就職活動をしないまま独立に至りました。

仲間に経営指針を勧めたい!

   同友会には2001年に入会。当時は飲み仲間ができていい、という程度の認識だったそうですが、2006年に、地区会長になったことで、地区会にとらわれず、県を意識するようになりました。
 2012年の地区会長再登板時に、経営指針の重要性に気づきます。「自分は個人経営だから関係ないけど、皆に勧めたい!それには自分が作成しないと説得力がない」と、自身のセミナー参加を決意します。
 「当初は、例えば経営環境の『外的要因は?』と問われても、それまで考えたこともなかったので、本当に苦労しました。忙しさを理由に、一年目は修了できず、二年がかりでの作成となりました。作ってみて、指針があるとないとでは大違いだとわかりました。個人経営だとしても絶対作成したほうがいいと。それまでは漠然と頭の中にあった理念が明確になりました。自社の3年後、5年後を見据えて、そのために今何をするべきなのかということもわかりました。今までやってきたことは商売であって経営ではない、14年目にして初めて自分は経営のスタート地点に立てた、と思うことができた
のです」
 亀山氏は現在も経営指針づくりセミナーのスタッフを務
め「地区会内でも参加者が増えてきたことがうれしい」と語り
ます。

理念で、なすべきことが自ずと知れる

   『安全とコンプライアンスを最優先します』。この理念の一文がぶれることのない行動に繋がったことがあります。自分の知識が足りず、法的に基準が完璧ではない防火壁を作ってしまいました。亀山氏が気づかぬまま仕上げまで終了した時に職人さんから、そのことを告げられました。「このまま完成させてしまっても、誰も気づかない。でも理念にコンプライアンスを明示したことで、職人自らが問題点を指摘してくれた。すぐに作り直そうと決断しました。
 理念を成文化し、その理念を周りにも話していたことで、自分は正しい判断ができたのです。理念は頭の中や、作ってもどこかにしまっておいてはダメなのです」。

同友会のネットワークが仕事の広がりに

 同友会の仲間に仕事を発注する機会も多いという亀山氏。「安心して任せられるので、社長の顔が見える人に仕事を出したいと思えるのです」。
 またこの連携を生かした新しい試みにも挑戦を始めました。それはベーカリーなどでよく目にする食品陳列用の『すのこ』の販売。商品を持って売りたいという夢が動き始めたのです。すのこの製作は木村木材工業(株)(中部地区会会員)、籐カゴは大分同友会の会員企業との連携によるものです。
 「このよい関係性から生まれる、品質のよい商品を、広くマーケットに出すためにも販路の拡大が今後の課題ですね」と、期待を滲ませました。  

         ▲新製品の食品陳列用の『すのこ』を手に

経営理念

当社は消費者の立場に立った、五感で感じることのできる、現実の商業空間を創造することで、社会と地域に貢献します。
1、快適・安全・満足・愉快を感じ、商品やサービスが訴える声の聞こえる商業空間を創造します。
2、デザインに特化せず設備・施工性・工期・コスト・機能を満足させる商業空間を創造します。
3、取引先と協力業者すべてに対しパートナーシップをもって安全とコンプライアンスを最優先します。

企業概要

螢吋ぁΕ廛蹈瀬ション
代表取締役
埼玉県朝霞市栄町1-5-15-210
TEL:048-466-4852
FAX:048-466-4766

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について