同友会ニュース−企業訪問

花に癒され、花を活かして人を癒す(Flower & total life coordination FEU CLAIR 代表 榎本 惠)

プリザーブドフラワーとの出会い

   明るい日の光が差し込むおしゃれなサロンでお話を伺いました。榎本さんはもともと美容師をされていたそうです。それが、プリザーブドフラワーに出会い、その魅力に取りつかれてしまいました。今のようにプリザーブドフラワーが広まっていなかった時代です。花の資格はもちろんですが、テーブルコーディネーター、ディスプレイクリエーター、空間コーディネーターなど、様々な資格を取りました。花を活かすためにどうしたら良いかを考えると、いろいろ学びたくなってしまったそうです。妊娠中大きなお腹を抱えて、横
浜まで、勉強に通っていた時期もありました。
 今でもプリザーブドフラワーに触れているときが、一番癒される時だとおっしゃいます。このサロンでフラワーアレンジメントの個人レッスンを完全予約制で受け付けています。お客様の希望をできる限りかなえるために、ひとりひとりに合わせたアドバイスや丁寧なサポートを心がけているそうです。娘の結婚式に母が手作りしたブーケなんて素敵ですよね!
 

  また結婚式や誕生日、母の日などのイベントに合わせたオーダーも多いそうです。会社や店舗のディスプレイを依頼される事もあります。一度惠さんの作品や人柄に触れたら、ファンになってしまいそうです。
 もう一つ大事な仕事に、地域での活動があります。いろいろなジャンルのクリエーターを集め、年に2回三郷市でイベントを開いています。地域の人たち、クリエーター同士のつながりを作りたくて始めました。企画、運営、クリエーターの発掘から作品の販売まで、ひとりでこなしています。初めは何もわからず苦労の連続でしたが、回を重ねるごとに地元の人にも知られるようになりました。

▲雑誌に掲載された作品

子供は大事、私の人生も大事

   肩まで伸びた髪をカールさせ、優しい笑みを浮かべて話す惠さん。指先もきれいにネイルされています。そんな彼女に5人もお子さんがいると聞いて、驚いてしまいました。しかも現在はシングルマザー。仕事、子育て、同友会。どうやって時間をやりくりしているのでしょう?
 睡眠時間は平均4時間。夜子供が寝静まってから、仕事をすることもたびたびで、気が付いたら朝になっていたということもあるとか! そんな朝でも、お弁当や料理を作って、フェイスブックに写真もアップしているなんて信じられません。
 惠さんの言葉です。「子供たちが成人するまでは子供を中心にしたいと思っています。ただ子供が巣立った後、何もない人生は嫌ですね」「子供がいるから、仕事も頑張れるんだと思いますよ」
 そんな惠さんを見て、「ママは他のママとは違う。しっかり考えて経験からアドバイスしてくれる」と言う長女。子供たちからの信頼も厚いです。

同友会との出会いとこれからの計画

   同級生に誘われて、初めてゲストとして参加した例会。その場で入会を決めたそうです。翌年2014年親睦委員会副委員長、2015年・2016年と同委員長を務めていらっしゃいます。昨年は経営指針セミナーにも参加され、数字に無頓着だったことに気づき、計画性をもって仕事を進めるようになったそうです。
 惠さんの将来の夢は複合型の飲食の施設を開くことです。もともと調理師になりたかった惠さん。レストランやカフェ、プリザーブドフラワーや様々なクリエーターの展示会、ワークショップも開けるスペースを持った複合型の施設を、4年後をめどに計画しています。今はバラバラに展開している仕事の集大成になることでしょう。楽しみですね!

【企業概要】

Flower & total life coordination FEU CLAIR
代表 榎本 惠(えのもと めぐみ)
〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田5-18-51
TEL:048-940-2370 FAX:048-958-7142
http://feu-clair.com

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について