同友会ニュース−企業訪問

夢に日付をつけること〜スーパーポジティブウーマンが叶える明日((株)grain grain 代表取締役 鈴木美緒)

常に経営を学ぼうとす る姿勢が根底に

   小さい頃から身体を動かすことが大好きで、「将来は体育教師になるのが夢でした」と語る鈴木氏。大学卒業後、教員定数の空きを待つ間に学校経営を学ぶいい機会と考え、マネジメント力を身につける目的でワタミ蠅暴⊃Δ靴泙靴拭そこで店長として職務を通じ2年間みっちりと実践的に学ぶことができたといいます。
 退職後、私立学校に就職しますが、そこでも教員の枠が空くまで経理を任されることになります。今度は数字の面での経営を学ぶ良い機会と、2年間経理を担当。どのポストにおいても経営を学ぼうとする姿勢が常に根底にあったと振り返ります。
 いよいよ念願の教師となったものの、同時期に妊娠、そして出産が訪れます。体育教師としての職務、加えて部活顧問をする中、育児との両立という壁が立ちはだかることとなります。悩んだ末、子育てに専念することを選択し、やっとの思いでつくことのできた教職員を退職。そんな経験から、胸の内にはずっと子育てしながら同時に働ける「育児と仕事が同じ場所でできる、そんな職場があったら」と考えたといいます。

経営は先に理念と計画ありき

   夫が介護業界の仕事をしていたこともあり、介護士や保育士の資格を持っているにもかかわらず幼い子どもを抱えて就職がままならない女性が多いことを知った鈴木氏は、“子どもを連れて来られる職場を”と、保育園とデイサービスを一体的に運営する施設を開設します。
 平成25年7月に会社を設立し、3ヶ月後の10月に保育園を開設、続いて11月にはデイサービス施設をオープン。創業にあたり、先ずは理念を作成し計画を立案。それも最初に就職したワタミ蠅任粒悗咾らといいます。ことを成すにあたりその根本にあるものを明確にしておくことは自然のなりゆき、当然ながら先ずは理念と計画を明確にするのが大前提と考えました。
 社名のグレイン グレインとは(穀物の)つぶつぶの意味。一粒一粒が尊い命、その種から芽と根が生えてくる発芽のイメージをロゴマークに表現し想いを託したのこと。

             ▲平成25年11月にオープンしたデイサービス

経営指針セミナーでの学び

   起業して2年後の平成27年4月に同友会へ入会し、経営指針づくりセミナーに参加します。最初は戸惑いがあったものの、所属したグループが自分の思いを受け入れてくれたので、思いのたけを話すことができ、とても有意義なセミナーだったと語ります。今でも計画シートを見直すと、夢が一つひとつ実現していることを実感できるといいます。最初は創業時に制定した経営理念を見直し、再構築をしようと考えましたが、創業時の理念に間違いのないことを確認することができたそうです。


更なるビジョンへ

 今後は「予防介護」と「育児ママ支援」を新たな付加価値として高める取り組みを考えているとのこと。現在はフランス料理のシェフ経歴のある管理者が施設の食事を提案してくれているので、そういった人材をさらに生かしてカフェを開き、美味しい料理を食べに来るコミュニティー広場をつくろうと思案中です。「そこは予防介護のための健康食や育児などの情報が飛び交うコミュニティにしたいんです」とビジョンを語ってくれました。
 夢に日付をつけること――。女性は出産などがあるので特に意識したいとのこと。落ち込むことより前向きに思考を変える方が楽と苦労をプラスに考える、そんなスーパーポジティブウーマンのこれからに期待します。  

        ▲予防介護と育児支援を施設の新たな柱に 

【経営理念】

今、自分にできることを ひとりのために みんなのために 自分のために
■介護理念:おひとり おひとりの 生活のペースを大切にし 日常を豊かに 穏やかに過ごせる デイサービスにします
■保育理念:わくわく・どきどきの気持ちを引き出し、共に育み、成長のサポートをします

【企業概要】

grain grain
代表取締役 鈴木美緒
埼玉県春日部市大場207
TEL:048-884-8237 FAX:048-884-8238
http://www.grain-grain.net//

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について