同友会ニュース−企業訪問

チャンスは逃すな!((株)グラント 代表取締役社長 岡田明生 )

美容師ファミリー

 \;  埼玉県春日部市に生まれ育った岡田さんは、ご両親、そして弟さんも美容師です。接客が好きな母親の姿に憧れて、高校卒業後は美容専門学校に進みました。専門用語が飛び交う環境の中で育ったお蔭で、スムーズに知識も技術も身につけて行きました。窮屈なネクタイを締めたくなかったのも、美容師になった大きな理由だそうです。
 やがて、専門学校を卒業した岡田さんは、東京都大田区内にある美容室に就職しました。1年目にインターン生として雑誌に紹介されたことがきっかけで、本気で美容師をやろうと決意したそうです。しかし就職して4年目に趣味であるバイクで大きな事故に遭い、一時は集中治療室に入るほどの大怪我を負ってしまいます。復帰までは8か月を要し、復帰後は自宅に近い越谷の美容室に移ることになりました。

妻は憧れ、子供は癒し

 早く都内の店舗に立ちたいと願いながら日々の仕事に打ち込んでいた岡田さんは、3年目で店長になり、やがて6〜7店舗を運営する総店長になりました。奥様との出会いも店舗でした。越谷花火大会の夜に来店された奥様は、混雑で帰宅できず、お店で花火を見ることになりました。このことがきっかけでお付き合いが始まった二人は4年の交際を経て結婚しました。独立して店が軌道に乗るまで入籍しなかったのは、岡田さんの責任感の強さからなのでしょう。
 お子さんが幼かった頃は、仕事を終えてそのまま帰宅すると子どもが目を覚ましてしまうので、わざと時間をつぶして深夜に帰っていました。奥様は岡田さんと真逆な性格とのことで、お互いの得意な部分を活かすことが夫婦円満の秘訣のようです。岡田さんにとって奥様は憧れの存在であり、お子さんは癒しの存在だそうです。  \;

            ▲雑紙に掲載された岡田氏の記事

入会前からのつながり

 同友会との出会いは、10年来の顧客であったCSリレーションズ? 増田社長に誘われて、東部地区会25周年記念行事に参加したことがきっかけです。この時の記念講演で「バグジー美容室」久保社長の講演を聞き、大いに刺激を受けた岡田さんは、ちょうど独立を考えていた時でもありました。
 東部地区会前会長の (株)アートエンディング 西本さんとは事務所が近いため顔見知りであり、また、元会長の (株)アドバンスサービス 永島さんの会社にはお店の清掃をお願いしていました。同友会に入会する前から公私共につながりがあった増田さん・西本さん・永島さんは同友会の紹介者でもあり、目標とする経営者でもあります。お酒を飲みながらさまざまな話を聞き、語り合う機会も多かったそうです。
 入会は2014年9月1日、入会の目的は2つ。1つ目は大勢の人の前で話せるようになること。2つ目は美容業界以外の人と交流を持ち、外の世界を知ることでした。  \;

            ▲東部地区会 広報委員(右)と

今から、これから

 経営者としてチャレンジを続ける岡田さんは、若い美容師から相談を受け岡田さんが出資した「ネイルとまつ毛エクステ」のサロンを2016年6月越谷市にオープンしました。かつて海外に出店したこともありましたが、この店舗は政情の違いもあり、経営はなかなか軌道に乗らず、撤退を余儀なくされました。
 同友会では今期から地区会の広報委員長を打診され、「声をかけられた時がチャンス! 必ず引き受ける」と先輩経営者から学んだ前向きな姿勢を実践しています。委員長になって勉強になったのは、《報・連・相》で横の連携を図ること。また、自分の中に「お山の大将」的な部分があったことにも気づかされたそうです。この学びと気づきを来期に活かしていきたいと語る岡田さんは、これからどんな活躍をするのかますます楽しみです。

【企業概要】

岡田 明生(おかだ あきお)
(株)グラント 代表取締役社長
〒343-0025 埼玉県越谷市大沢3-8-32
ステラポラーレ1F
TEL:048-970-5008
FAX:048-970-5008
http://www.grant8.co.jp/

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について