同友会ニュース−活動報告

【戸田・蕨地区会10月例会】本気の例会作りを知って自身の何が変わったか?

報告者:後藤真吾氏 ((株)フォーアスマイル 代表取締役 、浦和地区会)

 \; この例会は、会員を増やすには良い例会作りをしなければいけないという池田地区会長の思いのもと企画されました。幹事会にて事前検討していく内に「例会作り」を前面に出すと幹事以外の会員にとって面白くない。ということで、例会を通して会員のみんなにはどんな変化が得られるのだろう?と軌道修正されました。
 当日、全国行事でのグループ討論と埼玉同友会で行われているグループ討論の違いはなにか、そして、報告者自身が全国行事に参加したグループ討論で学んだことはなにかを報告されました。後藤氏は全国行事での体験から自身の経営に生かすヒントをたくさん得たそうです。

 『グループ長は座長から思いを受取り、グループ討論を行い、グループのメンバーに発言させ、それを深掘りしていく。そうすることによって参加者は多くのことを学べる。そしてグループ発表ではグループ長から座長に討論した報告を返す』、これが本来の同友会が目指すべきグループ討論とのこと。グループ討論のやり方は自社での経営にも役立つとのことでした。
 当地区会でも今年度から座長、室長形式の例会を行っているので今回の報告された内容をもとに例会を進めていきたいと思います。
 \;

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について