同友会ニュース−活動報告

【2017年度 全県経営研究集会】 経営環境の変化に立ち向かい中小企業の時代を切り拓こう 〜「人を生かす経営の総合実践」 地域と共に歩む企業づくりを

【第1分科会】 経営労働・共同求人・社員教育委員会

社員を定着させるためにすべきことは?
 〜三位一体を実践する企業になるために〜


パネリスト:
 三角武一郎氏 〈(株)KSP 代表取締役、共同求人委員長〉、
 吉田雄亮氏 〈(株)吉田電工 代表取締役、経営労働委員長〉、
 小山展弘氏 〈泰清倉庫(株) 代表取締役社長、社員教育委員長〉
コーディネーター:
 水野浩美氏 〈トライアルプランニング 代表、埼葛地区会 会長〉

 \;  この分科会では「社員を定着させるためにすべきことは?」−「共同求人と経営指針、社員教育の三位一体を実践する企業づくり」をテーマとして、パネリストの経営労働委員長 吉田雄亮氏、共同求人委員長 三角武一郎氏、社員教育委員長小山展弘氏と、コーディネーターの埼葛地区会長 水野浩美氏によるパネルディスカッションが展開されました。
 報告では多くの会員が受講している経営指針セミナーの活動が紹介され、指針に必要である経営者としての姿勢の確立から経営者が目指す企業の姿、社会性・科学性・人間性で構成されること、10年戦略のビジョン、中期・短期の計画を成文化するプロセスが示されました。また、セミナーに参加することで、崖っぷちから生還した会員のケースも複数紹介されました。委員長自身、社員がドン引きする経営指針からのスタートであり、時間をかけて学び定着させてきた苦労のなかで、経営指針づくりは社長自身が変わることであることが強調されました。
 共同求人活動の基本理念として、「日本経済の中心的な担い手として、その社会的責務を果たすために必要な人材を発見し、育成し」「若者たちに感動ある暮らしを保障し、人間として生きる喜びを与えられる企業づくりを目指す」「学生・親・教師たちと共に、学ぶとは、働くとは、人間の暮らしとは、という人間にとって重要な命題を追及する活動である」ことが語られました。
 社員教育委員会ではスローガンとして、「社員の教育を通じて経営者も学び、共に育ち、企業の発展につなげよう」を掲げ、社員が育つ仕組みづくり、社員教育における課題の解決に取り組んでおり、新入社員研修・リフレッシュ研修・幹部研修を含め、入社後の退職の目途とされる3年の定着を目指しています。

 \;  どのパネリストも退職した社員からさまざま気づかされることが多く、その背景は待遇、人間関係、会社への失望、不適正などに集約され、人事評価制度の確立や待遇改善の努力など、課題ごとの対策を講じて解決してきました。重要なのは社員の居場所・働き甲斐を確保することであり、経営理念に基づく人間的な成長を目指し、価値観を共有することに社員の定着があり企業の発展がある。社員の定着と企業づくりには三位一体がどの課題も優先順位なくすべて同時に進行することが重要であり、「まず実践」が結論でした。
 グループ討論は『あなたにとって今企業づくりに必要な事は?』のテーマで行われましたが、ここでも経営指針づくりと社員への浸透、若い社員の迎え入れと定着のための職場づくりと教育が強調され、三位一体を欠かすことなく同時に進行することが重要であることが確認されました。
 パネルディスカッション方式は新しい試みで、3名の報告者からは倒産寸前、崖っぷちの苦労話から将来ビジョンまでが語られました。残念ながらここですべてを報告することはできませんが、経営環境をめぐるあらゆる困難に三位一体の企業づくりで立ち向かうパネリストたちや参加者の討論から、経営者として努力すべき姿勢を改めて考えさせられる分科会になりました。   

【第2分科会】 障害者雇用推進委員会

障害者雇用を通して学ぶ「個性を生かす経営」
〜そんなにビビるな! 障害者雇用〜

報告者:谷田正樹氏 〈(株)ノア 専務取締役、むさし野地区会〉

 \;  埼玉同友会に4年前に発足し誕生した障害者雇用推進委員会が、「埼玉県で1社でも多く障害者雇用を自主的に! 」と想いをこめ、委員会メンバーで設営に向けて取り組んできた第2分科会。報告はむさし野地区会、クリーニング事業を展開する?ノア 専務取締役 谷田正樹氏。現在3名の障害者の方を雇用しています。20年前からすでに雇用に積極的だった自社の障害者雇用の実情、就労課題とその中からご自身が手につかんだ経営の本質について、赤裸々に報告をいただきました。
 障害者雇用は父親である社長が友人の教員から頼まれ、実習の受け入れをしたことがきっかけ。実は「最初はそんなには深く考えていなかった」という障害者雇用が、そのまま20年、自然体に当たり前に会社の風土として溶け込んでいます。その長い間には、やむをえず就労が難しくなり退職をしていった方もいたそうですが、現在社内で戦力として活躍をしてくれている3人の方を紹介いただきました。
 自分の挨拶と声掛けをきっかけに、他のスタッフが「仕事モード⇔休憩モード」を切り替えてくれることがやりがいだと張り切る、スリーブ担当のてっちゃん。単調な仕事をずっと続けられる集中力がとにかく凄い! アニメが大好きなボタンかけ担当のためちゃん。立体包装機の紙詰まりも自身で手直しし、目の前の仕事がなくなれば、自ら仕事を探しに動き回るスリーブ担当のいるまくん。谷田氏は映像と自身の言葉で、3人が生き生きと働く姿を伝えながら、一方で「どう接してよいかわからない。仕事はきちんとできるの?」といった必ず聞かれる障害者雇用の難しさについても言及されます。
 「障害者を受け入れる時点で、私たち経営者がまず覚悟を決めなければならないことは、確かにあります」。自分の世界に入ってしまうこと、時として会話が成り立たないこと、突然大きな声を出してしまうこと。ただそれも日常で関わりながら、対応の仕方もお互いに身についていくもので、落ち着いてわかりやすく実践することだったり、家族と連携をするなど、「日々を積み重ねていくことで解決ができること。でもこうした気配りの積み重ねは障害者に限ったことではないでしょう」という言葉がとても響きました。
 毎日一つひとつやったらできた。困ったことがあれば、みんなで工夫して作り上げてきた。3名と彼らを支える会社スタッフ全員が、生き生きと働く職場の風土を20年かけてつくりあげてこられたのです。

 \;  「あなたは何のために経営しているのか?」 経営指針セミナーで突き付けられた問いかけでした。悩みぬいた末に「障害者雇用の創出が自社の使命!」という思いにたどり着きました。社会に役立つ企業を育て、会社と共に成長し、社員と共に障害者雇用の推進に尽力しよう。それが経営の本質であり、そこに気が付いた時に会社の使命と覚悟を実感したという谷田氏。同友会で学び、気づいたからこそ、クリーニング事業における新しい未来をえることができたそうです。
 「化学反応は未知数、障害者雇用には可能性が無限大に広がる」とも力強く言葉にされました。障害者雇用の有用性をふまえ、企業にとって、地域にとって、皆が喜ぶ社会づくりを。自社と社会の発展につながる障害者雇用の実践へ。「ビビることはない。障害者雇用、一緒に取り組みましょうよ!」最後の一言に、この分科会を聴いていた全員が、前に進むために背中をポンと押されたように思ったはずです。
 障害者の方と一緒に歩むことで会社が生きる、経営者も生きる。「この会社なら、この人になら、安心してついていける」。幸せな未来を示すことができる障害者雇用を同友会では目指していく。私が今できる小さなことも、積み重ねていくことがその運動の一端を担うことなのだと、新たな目標と踏み出す勇気でいっぱいになった分科会でした。

【第3分科会】 女性経営者クラブ・ファム

次の時代を拓く若者に聴く生の声!
〜私たちはこう考える〜

コーディネーター:
 下村信子氏〈 下村信子社会保険労務士事務所 代表、川越地区会〉
パネリスト:〈大学生2名・20代社会人2名〉

 \;  第3分科会は、若者に仕事や将来への考え方について生の声を聴き、私たち中小企業家は何ができるのかを考え、自社の経営や人材育成に役立て発展することをコンセプトにパネルディスカッションを企画しました。
 大勢の経営者を前にして話す4名のパネリストは、最初はガチガチに緊張していましたが、コーディネーター下村信子氏の若者に寄り添う進行で、和やかな雰囲気の中、なかなか聴くことができない本音の話を、たくさん聴かせてもらうことができました。
 就職活動を経験したパネリストから最新の就職活動の報告がありました。「学生の会社情報源は、大学の就活ガイダンス時に一斉に登録させられるリクナビ、マイナビ。全てこの2つのサイトから情報を得る」ということです。「学内掲示板の求人情報やハローワークの利用は皆無に近い」、このような現状から中小企業の情報は学生には全く届いていません。中小企業を就職先の選択肢に入れる以前に、中小企業の存在を知らない現実に大きなショックを受けました。まずは中小企業を知ってもらわなければ何も始まらない。生まれた時からインター
ネットが当たり前の若者に中小企業の情報をどのように届けるか、待ったなしの対策が必要と実感しました。
 

 \;  また、パネリストから「中小企業はそもそも新卒を採用したいと思っているのか。新卒よりも即戦力の経験者が欲しいのではないか?」と発言があり、中小企業を大企業の受け皿という位置づけでイメージしている若者の本音が見えました。大学の就活対策は、グループディスカッション対策授業や面接時のきめ細かい指導があるとのことです。それによって採用面接では仮面をかぶり、素の自分を出している学生はほとんどいないとのことです。
 また、「理念よりも会社のビジョンや、将来会社をどのようにしたいのか、これから入社する会社の将来像を知りたい」というパネリストの発言から、“学生は就職に人生をかけて真剣に臨んでいる”ということを感じました。次の世代を担う若者の真剣勝負に、私たち経営者は固定概念を外し、“今の学生の就職”“今の学生の価値観”を知り、柔軟に対応することの重要性を学びました。
 最後に4名のパネリストから「本日は自分たちにとっても貴重な経験になった」とのコメントがありました。このように立場の違う双方(雇用者と雇用主)が互いに受容し、学びあう場は自社に持ち帰り実践したいと思います。
 今回の分科会企画は、同友会を全く知らない外部のパネリストを迎えるという新しい試みだったので展開の予想が難しいものでしたが、ファムの「拓くパワー」は何でもできると感動を頂きました。 

【第4分科会】 青年部

もう自分をごまかす経営は終わりだ!
〜青年経営者の自己改革〜

報告者:伊藤 健氏 〈(株)昇栄興業 代表取締役、東彩地区会〉

 \;  独立当初は「会社のために働け!」と社員を無理やり働かせ、辞めていく社員が絶えなかったという伊藤さ
ん。当時はすべてを自分で決めていたため、指示待ち社員ばかりでした。クレームの電話もすべて社長が対応せざるを得ない状態。ビジョンもなく、会社の未来なんてとても語れません。社長室は広い一方で、事務所も休憩所もものすごく狭く、常に汚かったそうです。
 どうしたらいいのかわからず、「自分ではもう限界だ」と思っていた時に同友会の存在を知り、例会に参加。2回目の例会で、「経営指針セミナー」の存在を知り、即、受講。人生で初めて貪欲に学び始めました。指針セミナーの合宿では、「何のために経営しているのか?」と問われ、「カネ」としか思い浮かばず、自分と向き合う作業は深夜にまで及びました。ふっと、「社員さん」という答えが浮かんだ時、一人ひとりの顔が思い浮かび、伊藤さんの中には愛に満たされた気持ちが溢れて止まらなくなりました。
 

 \;  それ以来、伊藤さんの「社員さんのために学び、実践するサイクル」がフル回転し始めました。?狭い事務所・休憩所を広くする。?一人ひとりに役職を与える。?設備投資をし残業を減らす。?社員の手で利益率を記録させる。?一番重要な仕事を右腕に任せる。?有給休暇の取得を推進する。
 こうした取り組みの結果、社員さんの働きがい向上、自主性・責任感が育ち、社内には協力体制が生まれました。伊藤さんは社長業に専念できるようになり、利益率も上がりました。また、青年部の例会に参加するようになってからは、全国の熱い青年経営者の言葉に刺激をもらいます。
 「社員の成果は追わない。追うのは成長」「人を動かす力はどれだけ目の前の奴を思えるかだ!」「自分のための夢は野望、他人のための夢は志」
 毎回、衝撃を受けながら自分を見つめ直し、できることは即実践していきました。今では、社長1人で決めることは一切なく、すべてをみんなで決めるようになっています。
 結果、クレームもなくなり、社員さんが「自分たちの手で作り上げている実感」の得られる会社となり、和気藹々と、楽しく働いています。目の前の課題・社員、そして自分自身ととことん向き合うからこそ、理想の未来に向けたヒントに気づける。その気づきに正直に素直に即実践していくからこそ、予想もしなかった程の輝かしい未来が待っている。そう思えた青年部による熱い分科会でした。 

第5分科会 見学分科会【荒川水循環センター】

環境コンプライアンス
〜下水処理施設を通じ、環境コンプライアンスを考える〜

 \;  「戸田市は水の街と呼ばれています。戸田・蕨地区会のメンバーは小学生の時によく見学に来ていました。環境コンプライアンスをテーマに第5分科会の見学例会を設定しました」。分科会担当川島さんの挨拶より始まり、下水の仕組みをビデオで視聴。公益財団法人 埼玉県下水道公社職員の説明を聞いた後、2班に分かれて荒川水循環センターの水処理の工程を見学、最後に質疑応答、記念撮影を行いました。
 日常、蛇口をひねれば当たり前のように流れる水ですが、使用した水がどのように処理されているかを知る機会はあまりありません。荒川左岸南部流域下水道は、上尾市、さいたま市、蕨市、戸田市、川口市の埼玉県南部で使われた水を第2産業、外環、17号バイパスなどの道路の下に埋められている下水管を通じて、荒川水循環センターに集めています。
 下水処理場にたどりついた水は最初に沈砂池に入り、まずは下水と一緒に流れてくる大きなゴミを物理的に取り除きます。一部雨水も流入しており、台風の時には、小さな畳や、たぬきなども流れてきたそうです。次にポンプアップした水を沈殿池に送り、水に混ざっているゴミをゆっくりと時間をかけて沈殿させていきます。この辺りではまだ下水特有の臭いがしています。当日は1部ポンプ修理のために水を抜いている箇所があり、沈殿した汚泥を処理する仕組みを見ることもできました。

 \;  沈殿池を通った水の浮水を反応タンクに送り、水に溶けている養分を微生物(活性汚泥)が処理します。クマムシやツリガネムシなど養分を食べる過程を促進するため、空気を反応タンクに送っています。さらに浮水を最終的に沈殿池に送り、活性炭を使って臭気を除去し、透明度の高い水にします。最後は消毒をして、荒川に放流します。
 施設は昭和40年代から平成にかけて増築を繰り返しており、老朽化した施設更新のために、限られたスペースの中での増改築の予定があるそうです。環境負荷削減、コスト削減のための機械の導入や設備更新は日頃工夫しており、500万円以下であれば地元中小企業からの提案も随時受け付けているとのことでした。
 処理した水は川を通して海に流れ、太陽の力で蒸発し雲になり、雨を降らせます。その雨が山の植物に潤いを与え、養分を伴い、川をつくり、生き物に恵みを与えています。農業用水、工業用水、生活用水として、我々人間も再利用しています。生き物が処理をしている下水処理の過程を通して、日常の生活に欠かせない水のコストやリスク、役割などを振り返ることのできる機会となりました。 

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について