同友会ニュース−企業訪問

仕事も遊びも全力で〜子どもの居場所づくりへ向けて(ときたサービス(有) 代表取締役 鴇田 樹)

【家庭を築くこと】

 \;  もともと子ども好きであった鴇田さんは学校卒業後、保育園の職員として3年間ほど働いていました。好きな仕事でしたが賃金が安く、将来に不安を抱えていたため、父親の会社に転職することを決意します。以来23年間、ときたサービスの仕事の中枢を担っています。転職後、結婚して一男一女をもうけ、二人の子どもたちは現在大学2年生と高校1年生となり、楽しい家庭を持つことができました。
 社長である父親のもとで20年近く働いたのち円満に事業承継し、熟練の社員とも若手の社員とも良好な関係を築いています。現在は社員が11名、外注技術者2名、役員3名になりました。ときたサービスは独特の社員採用制度を採用しており、10年程度働いたら独立してもらうのを条件にしています。地域ごとの担当として自営してもらうというものです。独立にあたっての援助や独立後の仕事の協力関係は保ちつつ、努力すればそれなりの成果が得られる働き方を学べる事業所なのです。それゆえ鴇田氏は常に社長として社員が独立するための下地づくりを応援するという意識があります。
 全社員を対象とした宿泊研修を行い、先代社長が作成した経営理念を軸に、皆の意見を集約して決めた4項目が現在の経営理念になりました。一番好きな項目は「仕事も遊びも一生懸命やる」というところだそうです。仕事を通して顧客からの信頼を得ることで業績を上げ、どの社員も安心して家庭を築けるような暮らしを目指す。家族のみならず社員同士も楽しく生き生きと暮らしてゆく、自己実現を叶えて生きがいを持って人生を楽しもうという意味を込めています。

【仕事も遊びも全力で】

 \; 《ときたサービス(有) 経営理念》
・地域の住み良い環境アドバイザーとして働きます。
・確かな技術で安心と信頼のサービスを提供します。
・地球環境に、やさしい企業であり続けます。
・自己実現のため仕事も遊びも一生懸命やります。

 \;  鴇田さんは建物総合環境整備の専門家として知識や技術を磨くことはもちろんのこと人生を楽しむことにも全力を傾けます。「若い社員との共通の趣味もあり、今はカードゲームの『遊戯王』にハマっています。どちらかと云えば40代の私より、20〜 30代の社員のほうが世代的にはこのゲームの流行世代だと思いますが、なかなか複雑で奥の深いゲームなので、時間を忘れて夢中になれます。新規採用者との共通の話題にもよくなりますね」と思わぬところで盛り上がることも。
 また、「地球環境にやさしい企業」と謳うときたサービスが目指す方向は同友会が目指すところでもあります。「先代から会社を引き継ぐ前から何度か例会にオブザーバーとして参加していました。会員企業間の交流もあり、社員教育などの専門家には力を貸していただいています。これからも本業の中など他の広がりも期待できますね」と同友会への期待を語ってくれました。

【将来の夢】

 \;  「最近の社会問題にも通じますが、寂しい思いをしている子どもや、きちんとした食事を与えられない子どもが増えていますね。コンビニ弁当ですませたり、その裏には虐待がある場合や、時には事件になってしまうこともあり残念です」と、子ども好きな鴇田さんは心を傷めます。
 「私は健全な家庭が維持できない背景には社会的な問題があると思います。子どもが伸び伸び育つ環境を提供するため、将来は子どもを預かる施設を造りたいと考えています。できればこの会社の近くで、学生ボランティアなどを募り、子どもが安心して暮らせるような居場所をつくりたいです。それにはまだまだ勉強することが沢山ありますが、将来はNPOなどの形態で実現させたいと考えています」。
 優しい表情の中に社会問題への鋭い指摘、子どもの置かれた厳しい環境にまなざしを向ける鴇田さんの取材から、命のリレーの喜びや世代を超えて繋がってゆくことの大切さを感じることができました。

【企業概要】

鴇田 樹(ときた しげ)
ときたサービス(有)
代表取締役
埼玉県飯能市上畑262-8
TEL:042-974-4760
FAX:042-974-4766

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について