同友会ニュース−活動報告

経営指針発表会【西部地区会2月例会】

報告者:弓削多洋一氏〈弓削多醤油(株)代表取締役〉
星山忠俊氏〈(株)ファースト埼玉 代表取締役〉
小池優太氏〈(株)小池塗装 代表取締役〉

〜3名の経営者の経営指針成文化に込められた想いとは〜

 \;  西部地区会2月例会は経営指針発表会を開催し、弓削多氏・星山氏・小池氏の3名からご報告いただきました。昨年半年間、経営指針セミナーに挑戦し、取り組みへの狙いと決意、理念を作成した想いと伝えたいこと、経営理念と方針、10年ビジョンまでを熱く語っていただきました。

経営指針づくりの重要性を知る

 \;  弓削多氏は自身では職人と語りますが、世界を視野に展開しつつあります。受講を機会に経営者としての変革と社員に任せる意識が高まったとのことです。星山氏は社員が言葉で動くのが理念と考え、理念をつくることでぶれない軸ができ、行き先が定まったとのこと、エネルギーに溢れていました。小池氏は、入会のきっかけが経営指針づくりとのこと。目標を見据え社員と向き合うようになり、以前から考えていた新規採用にもふみだせ雇用につながったそうです。
 グループ討論では、「10年後あなたの会社はどうなっていたいですか?そのために必要なことは何だと思いますか?」をテーマに、何のために経営をしているのか、をあらためて考える機会となり、白熱した討論が展開されました。他地区からの応援もあり、経営指針づくりの大切さに気づかされる素晴らしい例会でした。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について