同友会ニュース−企業訪問

理念に基づいたライフサイクルトータルサポートを目指す((株)ゾルキンホーキー 代表取締役 齊藤由美子)

創業のきっかけ

 \; もともとは現ゾルキンホーキー会長である内田氏の経営する制御機器・基板組立メーカーの社員であった齊藤氏。海外へ組立の仕事が流失して事業が先細りになる中、業務転換を模索していた時に、清掃業務をやってみようかという話になった事が創業のきっかけでした。
 事業転換をするにあたり、新規で会社を立ち上げて齋藤氏が社長に就任、内田氏は会長としてサポートする体制になりました。起業直後は清掃業務についての勉強と、もともとの基板組立事業からの業務転換を並行して進めていたと語ります。

同友会と経営指針

 \; 会社を設立した当初は顧客もおらず、新規事業であるサービス会社として他社との繋がりが全くない状態で、どうやって会社経営していけばいいのか悩む日々でした。そんな中、あるセミナーで同友会の存在を知ることになります。社長の学校』というネーミングに興味を抱き、誘われるまま全県経営研究集会に参加したことがきっかけとなり、同友会へ入会しました。
 入会前に自分で作成した経営理念がありましたが、独学で作った経営理念はしっくりとしないものでした。その経営理念を作り直すべく、入会後に他の会員に誘われ、勢いで経営指針セミナーを受講することに。
 経営理念や指針を作るにあたってはとても苦労したそうです。会社の状況を見つめ直した時に、会社の弱みはたくさんあったものの強みは見当たらない。指針セミナーを受けているうちに、徐々に会社で本当にやりたいことが固まってきたそうです。そうして自分の思いを一つひとつ言葉にしながらようやく作成した経営理念や指針は納得のいくものとなりました。

 \;  「経営理念の最初の部分『出会いに感謝し、寄り添う心を大切にします』が特に好きで、仕事に対する原点になっています。お客様や社員との出会いを大切にして、長いお付き合いをしたい」と齊藤氏は笑顔で語ります。今のゾルキンホーキーでは、業務内容も経営理念に沿ったものになっていて、文字通り会社の方向を示す指針となっています。社員も最初は経営理念に対する思いがどこか他人事でしたが、思いが薄い人は長続きしなかったそうです。その後、社員の面接時に経営理念を読んで感じた事を話してもらい、理念に共感してもらえる人を採用しているそうです。
 また、理念を押し付けるのではなく、社員の希望に沿ったシフトを組む等、社員の気持ちを汲んだ経営を心がけています。そうした経営理念を理解してくれた社員は、依頼された仕事だけではなく、ちょっとした気づきを率先してサービスとして提供してお客様に喜ばれています。そして、そういった小さな事もきちんと報告・連絡・相談を上げてくれる。そのような風通しの良さが今では会社の強みになっていると続けます。

今後の目標

 齊藤氏は今後もできるだけ現場に携わりたいとの気持ちがあります。それは現場に関わり続けることで、お客様や社員の気持ちに寄り添う事ができると考えているからです。現在、ゾルキンホーキーでは3つの事業の展開を進めているとの事です。ハウスクリーニングと家事代行サービスの2つの事業に加えて、3つ目の事業として介護補助を中心としたサポート(ライフサイクルトータルサポート)を開始しており、今後これらの事業の充実をめざしています。
 在宅で介護が必要な方への心の安心と、心地よい生活環境を提供するサービスを目指して、試行錯誤しながら学び続けるゾルキンホーキーの齊藤氏の今後に注目します。  \;

            ▲作業スタイルでこれから「行ってきます」

【経営理念】

1、出会いに感謝し、寄り添う心を大切にします
2、お客様の『ライフサイクルトータルサポート』を真心をもって提供します
3、一人ひとりが輝き、お互いを尊重し高めあい地域社会に幸せを拡大して行きます

【企業概要】

(株)ゾルキンホーキー
埼玉県ふじみ野市松山2-6-2
TEL:049-278-2821 FAX:049-278-2822
http://www.zorkin.co.jp/

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について