同友会ニュース−活動報告

【経営実践報告】 〜正直に、前向きに、そして笑顔で〜【加須・羽生地域2月集会】

報告者: 卯都木克有 氏〈(株)卯都木来集軒 代表取締役〉

事業継承の頃の苦戦の日々

 \;  大学院を卒業後デザイナーとして活躍していた卯都木氏は、平成16年に家業を継ぎ、その4 年後に自ら願い出て代表取締役に就任。しかし、事業を継いでから売上が芳しくなく、大変つらい時期が続きます。様々な本を読んで模索する中、ある本をきっかけに中小企業家同友会を知りました。そして入会後すぐに経営指針セミナーに参加します。セミナーは主に土曜日開催のため、お店を臨時休業して理念や課題抽出、計画作成に取り組むことに。受講後にもうけられた懇親会には参加せず、翌日の仕込みのため真っ直ぐお店へ戻る日々が続きます。ようやく経営指針書を完成させ、それを直ちに実践することで売上は回復。現在もさまざまな課題に直面し一つひとつ解決しながら今に至っているとの事です。

経営と向き合いながら経営指針書を見直すことの大切さ

 \;  経営計画に取り入れたシュウマイのブランド化に苦戦しながらも、現在は来集軒久下店「香り豚シュウマイ」は【加須ブランド認定品】として認可されました。地域のイベントで販売するとともに、道の駅やセブンイレブンなどでも販売を開始。売上が徐々に伸び始めたとの事です。卯都木さんが自社の経営と向き合いながら完成した経営指針書を現在も見直し、確認しながら実践することの大切さを感じた報告でした。  

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について