同友会ニュース−活動報告

新入会員報告【西部地区会6月例会】

              報告者
井上 隆氏 〈(株)武蔵野コンピューターコンサルタント 代表取締役社長〉
木下 恒氏 〈(株)エール通信 代表取締役〉
加藤剛毅氏 〈(株)武蔵野経営法律事務所代表弁護士・中小企業診断士〉
落合祐樹氏 〈(株)RELIEF 代表取締役〉

 \;  西部地区会6月例会は、毎年「新入会員報告」として実施し、今回4名の新入会員が報告を行いました。報告者が4名ということもあり、一人当たりの時間が30分と短い時間でしたが、(株)武蔵野コンピューターコンサルタント 代表取締役社長 井上隆氏は、親族間ではない事業継承から社長業として人との付き合いが増す中、異業種との交流に刺激を受け、業績も伸ばしている。(株)エール通信 代表取締役 木下恒氏は、常に営業という仕事に興味を持ちつづけ実績を残してきたが、人間関係に悩みを持っていた。そんな中、取引先より社長になってほしいとのお誘いがあり、現在の会社を事業継承する事になる。継承の際の条件に、同友会指針セミナー受講があった。武蔵野経営法律事務所 代表弁護士・中小企業診断士 加藤剛毅氏は、弁護士になるという強い思い・あこがれを実現し、さらに事前の相談相手にもなれる中小企業診断士も1年間家庭サービスを犠牲にしてまでも取得。最後に(株)RELIEF 代表取締役 落合祐樹氏は、18才でとびの業界に入り企業へと、ドローンを使ったリフォーム事業も展開している。東日本大震災をきっかけに、人を助ける思いが強くなり熊本地震では、一人で物資を集めトラックで届けるといった行動力の凄さを感じます。
 今回一度に辞書の4ページが加わった事は、西部地区にとって大変喜ばしいことであります。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について