同友会ニュース−活動報告

誰もがいきいき働きやすい 職場環境づくりの実践!【東部地区会2018年8月例会】

 \;

         報告者:鈴木美緒氏 〈(株)grain grain 代表取締役 〉

 「好循環を生み出す信念を持った経営とは」夢であった教員の職に就くものの、子育てをしながら働く難しさを痛感した鈴木氏は自ら起業し、デイサービスと保育園を併設した施設を立ち上げます。ママが子供を保育園に預けながら働ける環境を用意したことで、現在は子育て中のママが職員の8割以上を占めるとのこと。
 その後、ミニデイサービスも利用できる健康食レストランも立ち上げ、今後はかつて父が経営していたパン屋さんを、コッペパンを専門としたオーガニックカフェにしたいそうです。
 一見多角的とも取れる業態にみえますが、その根底には「仕事よりもまずは健康、そして人間関係が大事」というバランス経営があるそうです。その視点でみると要介護者・幼児・レストランに来るお客様…全て人の健康を核にして有機的に結びついてるように思えます。
 そしてずっとブレずに大事にしていることが、「大切な人の大切にしている人やものを大切にする」という考え方。職場で自分の大切な子供を大切に扱ってもらった職員は幸せに思い、より仕事がしやすい環境を生む。そんな好循環が生まれているようです。
 明確な信念を持った経営の大切さが感じられた報告でした。 

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について