同友会ニュース−活動報告

異業種交流で自社の強みを未来につなげる 仲間と共に、時と人・ライフスタイルの 変化を読み取り、チャレンジし続ける【埼葛地区会 (仮称)加須・羽生地区会 合同2018年8月例会】

 \;

       報告者:八島哲也氏 〈(株)ワイ・エス・エム代表取締役〉

 八島氏は今回が初めての例会報告ということでしたが、初めてとは思えない落ち着いた話しぶりでした。
報告を聞けば人前で話すことなんて大したことないほど大変な経営者としての船出でした。叔父の急死により29歳で引き継いだ会社は、リーマンショックの影響により経営状態は非常に悪く、業者へ支払の延期をお願いに回るほど厳しいものでした。そんな状況においても支えてくれる家族や手伝いを願い出てくれた親友の支えにより、八島氏に社長としての覚悟ができたそうです。とにかく人に会うことを心がけた結果、3人のキーパーソンと出会い、持ち前の技術をプラスしたことにより、JR九州のななつ星の車両に採用されるような数々の商品を生み出し、また、数々の賞を受賞することになりました。八島氏にとって苦しい時期を乗り越え今に至ることができたのは、次の3つがあったからだということです。

1.人に会うこと
2.とにかくスピーディーにやってみること
3.ビジョンを持つこと

 社長として会社を背負っていくと覚悟を決めたことが会社の発展につながったのではないかと、今の自分に足りないものだということを気づかせてくれた報告でした。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について