同友会ニュース−企業訪問

企業訪問記〜(株)キットセイコー 代表取締役 田邉弘栄氏 〈彩北地区会〉

一本のねじに載せた想い 〜プライド〜

 \; 田邉氏は大学(理学部化学科)を卒業後に外部の機械メーカーにて2年間の修行後キットセイコーに3代目として入社されました。
同社は私たちの身近にある様々なモノに使われている『ねじ』をオーダーメイドで1本から製作されています。少量多品種生産を得意とし、全てがオーダーメイド、一般には市場に無いチタン等の材質を使用し、人工衛星・原子力・鉄道・半導体部品・F1(自動車レース)と長年にわたり使用されるなど、品質・精度・耐久性等高く評価され、日本の人工衛星では70機にキットセイコーの特殊ネジが搭載されています。

 \; 最近では人工探査衛星はやぶさ2号のプロジェクトに参画しエンジンや放射線計測装置など各種装置に約500本のねじを搭載、実験用を含めると2000本を供給されています。人工衛星用のねじを請け負い始めた当初は人工衛星がまだ普及しておらず、人工衛星に搭載されるとは知らずに「ねじなら製作できる」と何でもやってみる企業風土で取組んだそうです。今後はロボットや医療・福祉、スポーツ等の分野等へのビジョンをもっておられます。

 \; その一方、朝礼やKC活動(Keep Clean)、QCサークル活動、コマ大戦参戦、就業時間中のレクリエーション大会や、ワークライフバランス、配偶者の誕生日に特別休暇を付与する等、家族を一番に考え居心地の良い場づくりを心がけ実践されており、採用については将来を見据え就職しづらい時期にあえて採用して長く働いてもらいたいという想いから、子育て世代の女性パート職員を積極的に採用されています。又、定年を迎えた熟練社員を再雇用しマイスターと位置づけ、その熟練工の高度技術を承継する仕組みを取り入れるなど、イキイキと働ける職場環境がそこにはありました。まさに「プライド」を感じさせる企業でした。(入会:2018年11月15日)                      (記:事務局)

【会社概要】

 \; 株式会社 キットセイコー
代表者:代表取締役 田邉弘栄氏
所 在:埼玉県羽生市上手子林280
設 立:1940年2月15日
資本金:1200万円
従業員:正規12名、PA13名
事業概要:特殊ネジのオーダーメイド加工
URL:http://www.kitseiko.co.jp

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について